BSC(バランス・スコアカード)活用講座<シーズン3>

BSC(バランス・スコアカード)活用講座<シーズン3>のご案内

■「BSC実践活用セミナー」について

2016年度は、BSC実践活用講座(1コース6回)を4月期、10月期の各6か月間6回を2コース開催させていただきました。受講していただいた皆様の評価が高いことから、2017年度<シーズン3>としてBSC活用講座を企画いたしました。
BSC実践活用講座の講師である西嶋陽一氏から、本講座の意義についてメッセージが届いておりますので、ご紹介いたします。

目標達成を推進するためには、
・「目的&目標を明確にする」
・「どのように行うのか明確にする」
・「責任者と担当者を明確にする 」
・「進捗状況に応じて具体的対応策(改善策)を明確にする」、
・「どのような効果があったのかを明確にする」
ことが必須です。
「バランス・スコアカード(BSC)」は、それを実現します。
☆ こんな事に悩んでおられる企業・組織にお薦めします ☆

  • ・中長期ビジョンとそこへ向かう戦略方針を明確にしたい!
  • ・経営計画(方針・戦略)の実施を推進・徹底したい!
  • ・経営の「見える化」を実現したい!
  • ・顧客視点や従業員視点を重視した戦略でモチベーションを上げたい!
  • ・事業部や部門間における障壁を減少させたい!(部門長の意識改革)
  • ・早く一本化したい!(M&A・戦略提携が直前(直後)の企業・組織)
  • ・事業継承者を育てたい!(経営志向を身につけさせたい)
  • ・業績評価・目標管理の制度を見直したい!

戦略志向経営へのキーポイント ☆

  • *組織全体のビジョンや戦略をきっちり策定(選択と集中)
  • *それを下位組織・関連組織へ賢く展開(コミットメントの獲得)
  • *経営層や部門長のみならず実務管理者レベルまでの意識改革を実施
  • *PDCAサイクルを通じた実施改善活動を継続推進する仕組みを構築

皆様のご参加をお待ちしております。

平成29年4月吉日

代 表  福 井 五 郎

(㈱エレコム情報サービス 代表取締役社長)

註:PCASは「PCエージェントサービス」の登録商標です。

<シーズン3> BSC活用講座(実践編)

~全社・部門経営におけるBSCの実践活用~

本講座では、バランス・スコアカード(BSC)を中核とし目標との確実な因果関係で結ばれた充実した評価指標(KPI)を抽出&設定することで目標達成の勝率を上げる「マネジメント・システム」の構築方法を講義と演習を通じて学習していただきます。

日 時:
2017年5月26日(金)、6月23日(金)、7月21日(金)13:00~17:30
各13:00~17:30(4.5H)講義2時間+演習2時間+まとめ30分
内 容:
★第1回:「ビジョンと戦略」作成

  •  ・環境変化分析~SWOT分析、関連課題からのまとめ(講義と演習)
  •  ・提示されたケースに対する「ビジョンと戦略」作成を演習
  •  ・環境分析~SWOT分析、問題抽出~ビジョンと戦略の決定
  •  日時:5月26日(金)13:00~17:30

★第2回:「戦略マップ」作成

  •  ・重要成功要因(CSF)と「四つの視点」間の因果関係の決定(講義と演習)
  •  ・前回演習で作成した「ビジョンと戦略」から「CSF抽出~戦略マップ」作成を演習
  •  日時:6月23日(金)13:00~17:30

★第3回:「スコアカード」作成と進捗管理

  •  ・評価指標(KPI)&目標値とレビュー体制の決定
  •  ・前回演習で作成した「戦略マップ」から「KPI抽出~スコアカード作成及び進捗管理」を演習
  •  日時:7月21日(金)13:00~17:30
場 所:
YMCA国際文化センター
講 師:
株式会社TRUソリューションズ 代表取締役社長 西嶋陽一氏
参加費:
3回 45,000円 ⇒ 30,000円/人(+消費税) ※2017年度前期のキャンペーン価格です
お申込み後、受講票と請求書を送付させていただきます。
申込み:
申込書をご記入の上、FAXまたはE-mail添付にてお申し込みください
主 催:
(株)エレコム情報サービス
共 催:
(株)新開経営センター、(株)安西事務機
後 援:
BSCフォーラムひろしま(活用講座受講者を中心とした会)<br>
株式会社TRUソリューションズ

お申込はこちら

【本件に関するお問合わせ先】
PCAS経営セミナー事務局 大上 ㈱エレコム情報サービス内
〒730-0013 広島市中区八丁堀14-4 JEI広島八丁堀ビル7F
電話番号:082-223-5111 FAX:082-227-6336
E-mail :oogami@elejs.co.jp